▼ MENU
七尾市文化協会
申請書][入会案内][文化七尾][リンク集][所在地][お問い合わせ]

  いろえそうかずじゅうにかくばち    よしだやがま 

  色絵草花図十二角鉢 吉田屋窯

 江戸時代(19世紀)制作

 径11.6 高7.8(㎝)

 

 九谷焼のうち、幕末~明治初期にかけて

 主に加賀地方で制作された種類を「再興

 九谷」と総称します。本品はその一手「

 吉田屋窯」の深鉢。見込の中央にはビワ

 の実と、それを取り囲むように波文が豪

 快なタッチで描かれて迫力十分。さらに

 十二角形の胴部に施されたねじりが、器

 に動感を与えています。

 

 ※本作品は4月19日(日)まで七尾美術館にて展示中。

 (毎週月曜日休館)

 

 

七尾市文化協会からのお知らせ

 

 

機関誌「文化七尾第59号」 令和2年3月31日(火)発行

第52回七尾文芸のつどい 応募要項